« ❤鍋のおいしい季節❤ | トップページ | 母娘でエステ »

2010年10月 9日 (土)

ゴマパワー

こんにちは。ブライダルエステ専門店 村岡ですhappy01

 10月に入り過ごしやすくなりましたねbleah最近テレビで、ごまの事についてやっていたのでお話しをしていきます。

古代エジプトでは、クレオパトラが健康飲料としてゴマ油とハチミツをミックスして愛用し、古代インド医療アーエルヴェーダでもゴマ油が利用され、中国でも不老長寿の薬として最古の医学書である『神農本草書』に紹介されており、ごまの薬効は古くから認められ愛されていますheart04

 flairごまの効能flair

diamond美容にdiamond

ごまを食べることで、抗酸化物質の働きによって老化を防ぎ、美肌にshine

美容効果以外にも、ごまには不溶性の食物繊維が含まれているので、便秘の解消にもなりますhappy01また豊富な鉄分は貧血改善に効果があり、さらにカルシウムも多く含まれているので、骨粗鬆症の予防にもなりますshine

beer二日酔い予防beer

ごまに含まれているセサミンには、肝臓の働きを助けて、アルコールの分解を促進する作用があります。

アルコールの分解が早くなれば、血液中に出るアルコールも減るので、酔いも少なくなりますhappy01

アルコールの分解過程で、二日酔いの原因になるアセトアルデヒドが生じますが、ごまには有害物質を無毒化する働きがあります。

アルコールを飲むと、副交感神経の活動が低下して、呼吸や心拍が乱れやすくなりますが、ごまには、これを抑制する効果があります。お酒を飲む時には、自前に少量のごまを食べておくことをお勧めしますdelicious

また、お酒のおつまみにも、ごま和え、ごま豆腐などごまを使った料理を一品注文すると良いでしょうhappy01

notesストレス防止notes

ごまには、トリプトファンやビタミンB6も多く含まれており、これらはセロトニンなどの精神安定に不可欠な神経伝達物質の原料になります。これを補うことによってストレスを和らげて、イライラを鎮める安定作用があるからですhappy01また、ごまに含まれるセサミンもストレスに対抗するためのホルモンの分泌を促して、精神を安定させる作用がありますconfident

crown効果的利用法crown

少量でも毎日続けてとるのが、ごまの効用を得る上で最良の方法ですdelicious

摂取量の目安は一日約10g(大さじ1)ですshine

ごまは炒めることで外皮が破れ、消化吸収が良くなります。

また、加熱するとゴマリグナンの一類セサモリンがより抗酸化作用の強いセサモールに変化する利点があります。

食べる前に炒り、必ずすって使うのが効果的ですhappy01

« ❤鍋のおいしい季節❤ | トップページ | 母娘でエステ »