« 夏に打ち勝つ!!美容食事 | トップページ | あせも対策☆ »

2012年8月16日 (木)

☆夏の快眠方法☆

こんにちはsun

ブライダルエステ専門店美4サロン横浜店鈴木ですchickheart04

 夏の寝苦しい夜、眠りたいのになかなか寝つけないことありますよねsign02暑くて何度も途中で目が覚めて、翌日寝不足になってしまったり、冷房をかけたまま眠って翌日身体がぐったり、なんて経験ありませんかbearing
 夏バテしないためには、夜更かしをしたりせず、たっぷり睡眠時間をとり、疲れを翌日にもちこさないことが大切ですsign03sign03

 夏バテしない身体づくりのための快眠ポイント

 例えば、1日の睡眠時間が6~7時間だとすると、私たちは1日のうち3分の1から4分の1を眠っていることになりますsign03逆にいえば、1日の疲れをきちんと解消するには、活動時間の3分の1くらいの睡眠時間が必要だということですhappy01shineその睡眠時間を確保するためには、心身と環境を上手にととのえる必要があるのですcatfaceつまり、夏バテしない身体をつくるためには、良質な睡眠と睡眠を得るための環境づくりが大切なのですlovelyup

◆眠る前にリラックスタイムをつくること
 眠る1~2時間前に眠る前にすることを習慣づけておくと、身体も脳も眠りの準備に入りやすくなりますsign03好きな本を読んだり、音楽を聴いたり、ゆったりとした気分で過ごしましょうheart04


◆ぬるめのお湯にゆっくりつかること
 37~39度くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかると、自律神経の働きを整えて、心身ともにリラックスしますcatfacespaラベンダーやカモミールなどリラックス効果のある香りの入浴剤やアロマオイルなどを使うとより効果的ですnote


◆眠りやすい照明
 明るすぎる照明や刺激的な色彩は、自然な眠気の妨げになりますdespair眠りにはいるときは部屋全体の照明を消して、明るさを調整できるようなスタンドやフットライトがあると良いですねheart02

 それでも寝つけないときは…

 「どうしても眠れないsad

そんなときは...


◆ホットミルク
 寝つけないときは、人肌にあたためた牛乳を一杯飲みましょうcafe牛乳に含まれるカルシウムには鎮静作用があり、イライラが解消されて安らかな眠りにつくことができますcatfaceheart


◆無理に眠ろうとしないこと
 どうしても眠れないときは、無理に眠ろうとしないことwinkgood眠らなければという焦りがますます神経を興奮させることもありますsign03一度布団から出て気分転換をはかり、リラックスすることでまた眠りに入りやすくなりますhappy01shine


 

夏バテしない身体を作るためには、しっかり眠って疲れをとることが重要ですsign03今年の夏はコンディションをととのえて、元気いっぱい健康的な夏を過ごしましょうhappy02upぜひ、試してみてくださいねheart02

« 夏に打ち勝つ!!美容食事 | トップページ | あせも対策☆ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132825/46703016

この記事へのトラックバック一覧です: ☆夏の快眠方法☆:

« 夏に打ち勝つ!!美容食事 | トップページ | あせも対策☆ »