« *乾燥対策をしっかりと* | トップページ | ★ざくろ★ »

2012年11月17日 (土)

☆入浴☆

みなさんこんにちは ブライダルエステ 美4サロン 表参道店cat小嶋ですcat

最近かなり寒くなり冬本番といった感じですねーーーーsnow

女性ならみなさん身体を冷やさないようにと日ごろから意識されてることと思います

それでもすぐに冷えてしまったり冷えやすい体質の方も多いですよねーbearing

そんな時はお風呂に少しでも浸かると温まるかと思います

なので今日は入浴方についてお話しまーすspa

参考までにどうぞ~paper

<>

<>

<>

■お風呂の効果
皆さんは、どんな目的でお風呂にはいるのでしょうか?
汚れを落とすため・・・。
疲れをとるため・・・。
気分転換・・・。


目的は人それぞれ違うと思いますが、
お風呂の効果を知った上で入浴すると
より効果的な入浴ができます
続きまして「3つのお風呂効果」について語ります。
 
 ■温熱効果

入浴の際あなたは、お湯の温度はいつも一緒の温度ですか?
 
それとも、体調や気分によって変わりますか?
 
もし、いつも一緒の温度なら、ちょっともったいない入浴の仕方をしていますから
 
これからお話しすることを参考にしてもらって、
 
今日からもっと有効な入浴法に変えましょう♪
 
何故って・・・。
 
お風呂の温度によって、体に対する影響は変化するからですよ♪
 
 
 
まず、簡単に
 
リラックスして安眠したいなら⇒微温浴(34度~38度)or中温浴(38度~42度)
 
リフレッシュして心身共に活動的になりたいなら⇒高温浴(42度~)
 
と覚えておきましょう。
 
 
 
詳しく説明すると
 
 
 
微温浴(34度~38度)の場合は
 
毛細血管への刺激が少なく、筋肉の疲れを解き放ってくれます。
 
副交感神経が働き、リラックスへと導いてくれるのです。
 
 
 
中温浴(38度~42度)になると
 
筋肉の疲れを解き放ってくれるのはもちろんですが
 
血液循環が良くなり、体の芯から温まります。
 
リラックスへと導いてくれる副交感神経の働きが一番活発になる温度です。
 
 
 
高温浴(42度~)は
 
交感神経が刺激されて新陳代謝が促されるので
 
心身共に活動的になり眠気を一掃してくれます。
 
また、疲労物質の乳酸を減らすので、疲労回復に効果的です。
 
たくさん汗をかきたい人も高温浴がオススメです。
 
 
 
このように、何気ない温度の差でも体にもたらす効果は違ってくるのです。
 
その日の気分や体調に合わせて温度調整をすると
 
今まで以上に高い入浴効果が期待できますよ。
 ■浮力効果
 
アルキメデスの原理・・・・知っていますよね?
 
 
 
そぉ!!!
 
体は水中に入ると浮力を受けて軽くなることですね♪
 
水中では空気中の9分の1位の重さしか感じないんです。
 
 
 
この浮力!お風呂に入っているときも働いているんですよ(知ってた?)
 
 
 
お風呂にはいると、フーッと身体が軽くなる経験あるでしょ?
 
これは浮力が働くからであって
 
お風呂にはいると朝から晩まで私たちの体を支えてくれている
筋肉や関節の負担が軽減され、緊張が解き放たれて体が軽くなるのです。
 
 
そうすると、副交感神経が優位になるので
 
精神的にリラックスしてストレス解消になるんですよ(*^_^*)
 
 
 
お風呂に入っても浮力という水の持つ力の恩恵にあやかれるなんて・・・。
 
なんて素晴らしいんでしょう。
 ■水圧効果
湯船に入っていると身体に水圧がかかり
胴回りがなんと3~6センチ!ふくらはぎで1センチも縮むのです。
 
個人的には、お風呂から上がった後も、縮んだ状態であってほしいのですがね(^_^;)
 
 
 
この水圧によって、足にたまっていた血液は押し戻され
 
心臓の働きを活発にして全身の血液循環を良くするのです。
 
血液循環が良くなると、肩こりや腰痛・冷え・むくみ等にも良いですよね。
 
 
 
そのほか、水圧で横隔膜・肺などが圧迫されるため体内の酸素量が減ります。
 
そうすると心臓の働きは活発になり、無意識に呼吸数が増えます。
 
その結果、心肺機能が高まるんですよ。
 
この3つの効果・・・。
 
とてもうまくできてるの気づきました?
 
 
 
 
 
 
温熱効果で温まった血液はポンプの役割もする水圧効果のおかげで
 
浮力効果で緊張から解き放たれた全身に駆けめぐります。
 
 
 
 
温熱・浮力・水圧・・・この3つの効果!
 
素晴らしい相乗効果じゃないですか?
 
 
 
それぞれの効果には、とても大事な役割があることをご理解いただけました?
 
 
 
疲れていたり、暑い夏場などは軽くシャワー!
 
・・・それだけで終わっちゃう方もいるようですが
 
シャワーだけでは心も体もリラックスできず、疲れだってとれません。
 
 
 
身体が喜ぶ入浴をしましょうね♪

 

 

« *乾燥対策をしっかりと* | トップページ | ★ざくろ★ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132825/47867620

この記事へのトラックバック一覧です: ☆入浴☆:

« *乾燥対策をしっかりと* | トップページ | ★ざくろ★ »